劇団4ドル50セント

SCHEDULE

第2回本公演「ピエロになりたい」13:00公演 Wキャスト:仲美海

第2回本公演「ピエロになりたい」概要
 
▼主要スタッフ
トータルプロデューサー:秋元 康
脚本・演出:丸尾丸一郎(劇団鹿殺し)
振付:CRE8BOY
クリエイティブディレクター:近山知史
 
▼出演者
劇団4ドル50セント 劇団員26名
 
※青木瞭・菅原麻由佳は都合により出演致しません。
 
▼劇場
オルタナティブシアター Alternative Theatre
( 東京都千代田区有楽町2丁目5番1号 有楽町マリオン(有楽町センタービル)別館7F)  
 
 
▼公演日程
2018年11月22日(木)~12月2日(日) 計14公演

ーダブルキャスト出演日程ー
【湯川玲菜】
11月22日、24日(昼夜2公演)、27日、30日、12月2日(昼夜2公演)計7公演
【仲美海】
11月23日(昼夜2公演)、25日、28日、29日、12月1日(昼夜2公演)計7公演

※1 開場時間:開演30分前
※2 未就学児童入場不可
※3 当日券販売:開演1時間前から販売(告知タイミング公演日2週間頃予定)

☆・・・アフタートークあり(登壇者未定)

 
▼チケット
VIPシート:12,000円(税込) /一般指定席:6,000円(税込)
※VIPシートは<4.5大特典>付き
・前方席確保
・メンバー直筆サインプレゼント
・非売品グッズプレゼント
・2ショットチェキ撮影
・専用入口
※各劇団員のSHOWROOMからもチケット購入可能です。
※予定枚数に達し次第、受付終了とさせて頂きます。
メンバー直筆サイン、非売品グッズは当日会場にてお引換ください。
 
▼来場特典
・2回目以降の観劇で、ご贔屓様特典あり!!
ご贔屓缶バッジ(非売品)プレゼント and more…
観劇後には出演劇団員によるお見送り!!

▼あらすじ

どこかの国、どこかの町、どこかの学校......。 その伝統ある学校には、世界中から若い男女が集まっていた。
彼らはあだ名で呼び合い、年齢、名前などの素性を一切明かさないことを約束させられている。

なぜなら、この学校はピエロの養成学校だから。
ピエロは化粧をして道化を演じなくてはいけない。 彼らの素顔など、笑顔を売るピエロに必要ないのだ。

「ポーカー」と呼ばれる女の子がいた。 
名前の由来はポーカーフェイス、感情を表に出さず 無表情なため、そう呼ばれてきた。

両親の離婚、学校での人間関係、世界に対する諦め......。
彼女は感情を押し殺しながら生きてきたのだ。

幼い頃、母親に連れられて行ったサーカス。
笑顔を売るピエロの存在が、いつしか彼女の夢になっていた。

そして、自分を変えるため、 ピエロの養成学校に入学したのだ。

学校には、自分の顔が嫌いな少女、うまく笑えない女、自分がつまらない人間 だから誰かを演じたい男など、一癖も二癖もある仲間たちが集まっていた。
彼らはピエロの養成学校での 厳しい授業を通して、自分を変えていこうとする。

そして、卒業公演の日、彼らは化粧の下で泣いたり笑ったりしながら、精一杯にピエロを演じた。

全ては笑顔になるために......。
この物語は、少年少女たちの成長を通して自分の本当の顔を探す旅である。
 

▼主催
エイベックス・AY・ファクトリー合同会社
 
劇団員一同、皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。
ぜひこの機会にご観劇頂ければと思います。